25

8月

2010

一日は86,400秒、あっという間に過ぎていく

海一日はたったの86,400秒。
ぼんやりしていても慌ただしく動いていても、同じ時間が流れている。

長く生きるほど、一日は短く感じるようになる。
そりゃそうだよね。だって「一日/今まで生きてきた日数」は日に日に短くなっていくんだから。

今日終わらなかった仕事は、明日ならもっと終わらない。
だから今、全力でやるしかないんだよね。

RSS
Facebook
Google+
https://1day.jp/diary/20">
Twitter
LINKEDIN

コメント

  • サイトウリュータ

    この記事へのコメントはまだありません。ご意見やご感想をコメントしていただけるとうれしいです。
    投稿後、すぐには反映されませんのでご了承ください。

コメントフォーム




サイトウリュータ

カテゴリ

最近の記事

注目の記事

タグクラウド

Follow me